ダイヤの品質

最後は最も気になっているであろうダイヤについてです。ダイヤの美しさは4Cによって決まると言われています。4Cとは、カラット(carat)・カラー(colour)・クラリティー(clarity)・カット(cut)の事で、有名なカラットは重量となり1カラットが0.2gとなります。ダイヤは基本的に無色透明な物が最も美しいとされているのですが、物によっては茶色がかっている物などもあるため、それらを23段階に分けたものがカラーとなります。等級は最大等級をDとして、Zまでの23段階のアルファベットで呼称されています。クラリティ―とは、ダイヤの傷や内包されている異物に対しての等級で、当然傷なし異物無しが最大等級となります。10倍拡大で検査され、見つけやすい物ほど等級が下がります。等級の高い物からFL・IF・VVS1、2・VS1、2・SI1、2、3・I1、2、3に分かれています。カットは数学的計算に基づいた最高の形と比較し差異を評価したもので、高評価の物から3ExH&C・ExH&C・3Ex・Exellent・VeryGood・Good・Fair・Poorに分かれています。

こうした等級からご自身の予算と相談して選び出すのですが、現在ダイヤの代用品としてジルコニアというものがあります。技術力が進歩したため現在のジルコニア製の偽物と本物のダイヤはプロですら見分けがつくか怪しい程に巧妙に作られています。ですので購入する際は必ず、信頼の置けるお店で購入してください。ジルコニアは人工的に作る事のできるものですが、ダイヤモンドは貴石という種別になり、国際的に価値の認められているものです。永遠の絆や純愛という宝石言葉を持つダイヤモンドをマリッジリングとして互いに着け続けるという事にこそ、価格では図れない真の意味があるのではないでしょうか。

どのプラチナを選ぶか

海外ブランドにPt950が多いのは単純に法律の規制でプラチナのジュエリーを作る際にはPt950以上にする事という決まりがあるからです。逆に法規制の無い日本製の物にPt900が多いのは、作業の効率の為となります。Pt900の物の方がトラブルが少なく作業に集中する事が出来るというのが大きな理由のようです。また、Pt950はPt900に比べプラチナの純度が高い為柔らかくなってしまいます。それを補うためにルテニウムを2%混ぜる事があります。そうする事でプラチナは硬度が増すので、ハードプラチナと呼ばれるものになります。ただし、こうしたPt950+ルテニウム2%のハードプラチナは硬度が高い為に金属の成型時に気泡ができやすく、加工が難しくなるので加工する職人には好まれません。加工に細心の注意と手間がかかってしまう為、前述の通り価格に差が出来てしまうという事です。ただし、細めのマリッジリングを希望している場合はハードプラチナを使用する事をおすすめします。これも前述通りなのですが、プラチナは強度が低いため細いリングですと変形や破損しやすくなってしまう為です。

また、安価で人気のあるホワイトゴールドにもパラジウムが混ぜてあることがあります。基本的にはパラジウムを混ぜた金にロジウムメッキ加工を施して美しい白金色に仕上げているのですが、メッキ加工の為どうしても生活していく中で少しずつ剥がれてしまい黄色味を帯びた地の部分が露出してきてしまいます。そういった事が嫌だ、と思われる方はプラチナを選んでおくのが良いかと思います。