Ptの意味

まずはマリッジリングで最も人気のある材質であるプラチナについてです。大きく分けるとPt900・Pt950・Pt1000となるのですが、マリッジリングを購入しようと色々調べたことがある方には聞いたことのある言葉かと思います。このPtとはプラチナの純度の事なのですが、Pt1000で100%という事になります。正確に言えばプラチナの純度100%という物は存在しないので99.95%が最大となるためPt999が正しくなるのですが、業界の慣例としてPt1000を使い続けているようです。

マリッジリングに使われるプラチナでPt1000という物はあまりありません。プラチナはそもそも強度的に強い金属ではなく、柔らかく粘りの強い金属であり、他の金属を混ぜる事で強度を補強します。また、Pt1000のプラチナは黒みがかった白色になってしまう為マリッジリングとしてあまり人気の出る色合いではなくなります。そうした事からパラジウムなどの白色の金属を混ぜて強度と色合いを調整している為、Pt900やPt950が使われる事が多くなります。ではPt900とPt950どちらが良いものなのかと言えば、それは一概には言えません。Pt900とPt950では価格の差は概ね5000~10000程となります。後述する理由でPt900の方が加工が容易い事やプラチナの純度の差となります。

続いては海外ブランドでは何故Pt950が多く使われているのか、という事等プラチナの品質を見分ける指針について更に紹介します。